女性はどこを見ているの?

女性をターゲットにすることのメリット

女性は流行や情報に敏感です。
SNSやWebサイトだけではなく、友達やママ友などのネットワークも強固な情報力を持っています。
口コミで広がったり、SNSで拡散するのと同様の力が、女性というだけであるのです。
その伝達力は、使用法を間違えるだけで怖い存在になるほど。
流行は女性によって作られる、なんて言葉もありますし、その力は文化のみならず、経済にも大きな影響を与えることも少なくありません。
女性向けにWebサイトを制作し、それを支持してもらえれば、かなりの強みになります。
発信する情報だけではなく、使用したものや言葉など、トレンド入りすることも容易になります。
女性を味方につけることで、Webサイトはその目的である「見てもらうこと」を飛躍的にアップさせることができます。

一方でバランスも必要

戦略的に女性をターゲットとすることは意味のあることですが、使いすぎると諸刃の剣です。
あまりにあざとい手法が見えたり、極端におもねると、女性は嫌悪感を持ちます。
自然であること、過剰でないことなど、女性に見てもらえる要素と注意点は、そのバランスが重要になります。
男性が持つ女性イメージと、女性が好むものでは開きがあるものです。
極端に女性を意識した構成を目指すのではなく、さりげなく女性が好意を持ってくれる作りにすることが大切です。
また、これは男性をターゲットにした場合でも言えることですが、偏った情報ばかり載せると、意味が誤解されてしまったり、読者層が狭くなったりしますから、なるべく避けましょう。
流行やファッションに敏感な女性ばかりではありません。
どんな女性でも安心してみることができるWebサイトを作ることは難しいですが、読者が安定して付いてくれるものです。


この記事をシェアする