ターゲットは一つじゃない

「今」知りたいこと・見たいこと

わかりやすいところでは流行のファッションやテレビドラマなどでしょうか。
また、世代によっても必要な情報は違うものです。
学生さんであれば勉強や恋愛、キャリア女性なら国際社会の動向や政治経済なども参考に見たいはずです。
ママ達は子育てや教育関連の情報、ママ友との上手な付き合い方なんてライフハックも。
それ以上の世代であれば、老後の話や終活なども、Webサイトから知恵を得ようと考えると思います。
対象を絞ってWebサイトを作成するか、ある程度の世代を網羅しているものを作るのか。
それによってデザインは変わってきますが、伝えたいことを一本芯にして作らないと、情報が散らかってしまい、あまり魅力的なWebサイトではなくなってしまいます。

「女性」として興味があるものとは?

一方で普遍的に女性が必要な情報があります。
女性ならではの悩みごとや、将来設計などです。
また、本人の悩みだけではなく、家族や子供など身の回りのことも含めて、悩みの種類は多岐にわたります。
比較的軽いものから、深刻な悩みまで。
これらに正解はないものの、自分が目指すべき「答え」を求めてWebサイトを閲覧することがあります。
その場合有効なのは、やはり経験談や専門家の見解でしょうか。
女性は男性よりも「共感」してほしい生き物。
小さな悩みでも、共感して解決の糸口がつかめれば、次また同じように悩んだ時に見てもらえます。
ちょっと真面目な内容のWebサイトになりますが、必要な情報です。
悩みのない人はいませんから、そういう時に寄り添えるwebサイトが制作できれば、とても強いですよね。


この記事をシェアする