女性に振り向いてもらえるWebサイト制作

視覚は大事な要素

イケメンサイトを作ろう

論述文でもない限り、文字ばかり並んでいては、内容が柔らかくても身構えてしまいます。
Webサイトは楽しいもの・為になるものという先入観が働くため、画面から受ける印象がネガティブでは、結局見てもらえなくなります。
女性に共通してよい印象を与えるものといえば、柔らかいものや、カラフルなもの。
手っ取り早いのは写真やイラストでしょうか。
話題に合った画像を載せたり、話題と関連がなくても、きれいな景色やかわいい小物などの画像をきっかけに、Webサイトを見てくれることもあります。
イラストも、かわいいものだけではなく、ちょっと変わったものなども、興味を引くのにお勧めです。
また常套手段ではありますが、女性が好きな占いコーナーなど、息抜きできる情報を載せてみるのもいいでしょう。

文字自体が印象を決めます

文字フォントや装飾も、近頃は工夫しているWebサイトをよく見かけます。
フォント、フォントの色や装飾、大きさなどを少し変えることで印象もガラッと変わります。
検索段階でオリジナルの表現を用いて、「このWebサイトだな」と印象付けられれば、閲覧率も高くなります。
しかし、あまりいじりすぎると読みづらくなったり、軽い印象になってしまってWebサイトの内容が入ってこなかったりと、本来の目的を邪魔してしまうこともあるので注意が必要です。
一概には言えませんが、絵文字を多用しすぎたり、文字色を複数使用してカラフルにしてしまうと、文章の印象もあまり良くないものです。
わかりやすく簡潔であることは、男女関係なく必要な表現です。
Webサイトは「読んでもらう」ものですから、読み手の負担にならない程度の工夫に留めましょう。


この記事をシェアする