女性をターゲットにしたWebサイト制作のコツ

女性に振り向いてもらえるWebサイト制作

女性はどこを見ているの?

情報収集に欠かせないWebサイト。 たくさんの人に見てもらうことは、Webサイトの使命でもあります。 特に、女性は流行や情報のアンテナが高く、上手にWebサイトを利用することができます。 簡単に手に入る情報だからこそ、自分の好みやタイムリーな情報提供を行えば、活用される頻度も上がります。

ターゲットは一つじゃない

対象となる女性が欲しい情報は、どんなものでしょうか。 様々な年齢層の女性が見ているWebサイトを、どう見てもらうことが良いでしょうか。 見て、満足してもらうことで閲覧率も高くなりますよね。 目的を明確にして、載せる情報を精査し、整理することは重要なプロセスです。

女性は情報に敏感です

知りたい情報を検索したり、ホームページにアクセスしたとき、人はどこを見ているのでしょうか。
やはり一番は、「わかりやすいか」であると思います。
必要な情報が的確に探せそうか、知らなかった情報を探して閲覧することが多いWebサイトは、その目的が果たせるものでなければ、当然ながら見てもらえません。
これは性別に関係なく言えることです。
では女性が見てくれるのは、どの部分でしょうか。
それは、画面から伝わる印象ではないかと思います。
特にファーストインプレッションは大切です。
はじめの画面で「かわいい」「自分らしい」など、興味を引く言葉がポンと目についたり、素敵な画像が貼ってあったり。
色使いや記事の構成、画像の配置などで「見たいWebサイトである」と判断するのは、男性よりも女性のほうが鋭く持つ感覚だと思います。
文章に使用している言葉一つとっても、自分にフィットする記事であるかの判断材料にしてしまいます。
自分の好みであるか、必要であるかといった取捨選択は、これだけ多くの情報が簡単に手に入る時代、迅速かつ的確に行われています。
まずは見たいものだ、と思ってもらうこと。
内容はそれからです。
どれほど大切な、その人にとって重要な情報を載せていたとしても、読んでもらえなければ何の価値もありません。

Webサイトは伝える・見てもらうものですので、その基本は守りつつ、どうすれば女性が興味を持ってくれるか、考えてみました。
同じテーマのWebサイトでも、工夫次第で印象が全く違ってきます。
コダワリを見せることで、ターゲットを明確にすることは、有効なアピールになるはずです。

視覚は大事な要素

ファーストインプレッションが大切、ということは前述でも触れたとおりです。 では、具体的にはどうすればいいのでしょうか。 内容も大切ですが、そもそもWebサイトを見てもらわなければ意味がありません。 パソコンやスマートフォンの画面から、見たいと思わせるように印象付けましょう。